» 未分類のブログ記事

カプサイシンやイソフラボンをサプリメントで摂取する人がいます。脂肪を燃焼させてダイエットに効果があると期待されているのがカプサイシンと呼ばれる成分です。カプサイシンのサプリメントは関心が高く、様々な会社がカプサイシンを原材料に用いたダイエット用のサプリメントなどを売り出しています。サプリメントでカプサイシンを補給することで、血の巡りもよくなります。

 

カプサイシンのサプリメントを利用する人の中には、ダイエットより冷え症改善を期待する人もいます。他にも注目されているのは、カプサイシンにイソフラボンが加えられているサプリメント商品です。実はカプサイシンとイソフラボンは同時に取ることで、抜け毛を抑えたり、育毛の効果があるという研究結果が一部で報告されています。頭髪の薄さが気になってきた人は、サプリメントを検討してみてください。カプサイシンとイソフラボンを効率よく摂取することで、ある程度の育毛効果が期待できると言われているのです。

 

カプサイシンやイソフラボンは、サプリメントを使わずとも、普段の食事からも補給できます。お豆腐+キムチの組み合わせにするだけで、キムチのカプサイシンと、豆腐のイソフラボンを手軽に体内に補給することが可能です。食事だけで有効成分を摂取するのは飽きやすく、実際にはなかなか難しいようです。サプリメントで効率よくカプサイシンとイソフラボンを補ったほうが、より安定した効果が期待できるでしょう。

 

 

 

 

 

カプサイシンサプリメントは、ダイエットサプリメントとしてよく売り出されています。実際カプサイシンという成分には、どういった効果があるのでしょうか。有酸素運動は、ダイエットに効果的だということは一般的な知識です。有酸素運動で体内のアドレナリンがふえ、それによって脂肪の燃焼が促進されます。アドレナリンはカプサイシンによっても出やすくなるため、ダイエットに効果があるといいます。

 

カプサイシンのサプリメントを摂取することで、運動をより効率よく脂肪の燃焼に結びつけることが可能になります。共役リノール酸サプリメントや、カルニチンサプリメントをカプサイシンと一緒に摂取しましょう。脂肪の燃焼効率がよくなり、そのぶんダイエットがスムーズにできるようになると言われています。カプサイシンのサプリメントには、ダイエットの他にも期待できる効果があります。

 

エネルギー代謝を有効にし、肝臓や筋肉内のグリコーゲンの分解を促進する効果がカプサイシンにはあるといいます。冷えによる肩こりや首こりなどへの対応として、血流がよくなって、汗をよ多くかくようになります。近年では前立腺ガンの進行抑制にカプサイシンは有効という報告もあります。カプサイシンにはいろいろと健康に役立つ成分であるため、サプリメントとしても人気があります。

 

 

 

 

 

a0001_011564

 

最近、カプサイシンのサプリメントが関心を集めているようです。ダイエット用のサプリメントとして最近注目されているようです。カプサイシンとは、主に唐辛子の辛味をもたらす主成分です。カプサイシンを摂取すると、発汗作用や、体温上作用があるといいます。皮膚などにカプサイシンがつくとひりひりするため、カプサイシンの成分を防犯用のスプレーに詰め、咳や涙が止まらない状態にしたりもできます。

 

カプサイシンですが、普段の食事などで上手に利用することで、脂肪を燃焼する効果が高まります。キムチやカレーなど辛い食べ物はカプサイシンの摂取にも繋がり、ダイエット中の食事としても活用することができるでしょう。ただし、辛み成分は食べすぎると胃に刺激が強すぎますし、継続して摂取することは困難なものです。サプリメントで摂取したほうが、より体に負担を与えずに効率よく摂取することが可能になります。

 

最近は、数多くのダイエットサプリメントが販売されています。天然素材を材料にしていることが、カプサイシンのサプリメントが重宝されている理由の一つのようです。ダイエット用のサプリメントには興味があっても、どれがいいのか分からないと言う人も多いようです。カプサイシンのサプリメントから、始めてみてはいかがでしょうか。

冷え性改善策

| 未分類 |

冷え性の大きな原因は、体の中の血液の流れが悪くなっていることです。

それを改善することで冷え性の症状も軽くなっていきます。

その主な方法としてですが、まず、陽性の食べ物を積極的に摂る事です。

陽性の食べ物とは身体を暖める食べ物で、主に寒い地方で採れる物、冬に採れる食べ物がそれです。

ニンジン、ごぼう、レンコン、とうがらし、にんにくなどを食生活に取りいれてみましょう。
また、ビタミンB1やビタミンE、鉄分も冷え性に効果があるので、積極的に摂取しましょう。

 

それから、冷え性にはお風呂が効果的です。

面倒だからとシャワーにせず、湯船に浸かりましょう。

お湯の温度は40度前後が最適な湯加減です。

半身浴でゆっくり入ると溜まっていた血液の流れを復活させることができます。

 

他にも、ウォーキングなどの適度な運動は効果的です。

新陳代謝を活発にするためには運動が一番です。

その中でも体に負担をかけずに続けられる有酸素運動、ウォーキングが最適だと思います。

今まで車に乗っていたようなところでも意識して歩いてみてはどうでしょうか?

同じく、冷え性に効果的な運動の一つとして骨盤体操があります。

仰向けに寝て、足だけ15度くらいあげます。

その体勢を10秒間維持し、その後勢いよく足をおろします。

寝る前に布団でやってみてはいかがですか?

あとは、首を温めたり、足を温めるような服装を心掛けるだけでもかなり体は温まりますよ。

辛い冷え性を改善するためにも、これらのことを生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

冷え性に効く食品

| 未分類 |

冷え性は人間の体に色々な影響を与えます。

女性では冷え性が不妊症にも関係してきますので
是非とも改善したいものです。

現代の食生活として何気なく摂っている精製食品や添加物は冷えを促しています。

なるべく、自然のものを摂るよう心がけたいですね。

 

現代人が簡単に食せるものは、陰性の食べ物がほとんどです。

しかし、冷えを改善する食べ物とは陽性の食べ物。

すなわち身体を暖める食べ物です。

寒冷地方で採れる食べ物、寒い時期に採れる食べ物がそれです。

代表的なものは、しょうが、ねぎ、にんにく、こんにゃく、ごぼうなどです。

これらを上手に習慣的に摂るようにすると良いでしょう。

 

反対に、食べると体を冷やしてしまう陰性の食べ物には、大豆や生野菜、合成甘味料、チョコレート、スナック菓子などがあります。

これらを完全に避けるのは難しいかもしれませんが、食べ過ぎないことは必要です。

また、旬の食べ物には、その食材の持つ栄養素が一番多く含まれているものです。

人が、寒い冬には体を温める食べ物を求め、暑い夏には体を冷ます冷たい食べ物を求めるように、季節による体の変化を旬の食べ物を食べることで自然に予防・対策するようにできているのです。

ですから、年中季節に関係なく、同じようなものを食べるのではなく、季節に合った食材を調理することは冷え性を改善するだけでなく、健康を保つためにも非常に大事なことなのです。

 

 

冷え性に効く漢方

| 未分類 |

西洋医学では冷え性は病気とは認識されていません。

ですから、冷え症とは書かず冷え性と書くのです。

病気ではなく、体が冷えやすいタイプという意味でこのような文字になっているようです。

例えば、冷え性で困って病院に行ったとしても、処方されるのはビタミン剤という事があります。

現在のところ、西洋医学では冷え性に対する有効な治療法というものは無いようです。

東洋医学の漢方薬では、今日飲んで明日効くと言う訳にはいきませんが、冷え性を安全に改善することができます。

冷え性の他にも、自律神経失調症や不定愁訴には漢方薬は効果を発揮するでしょう。

 

さて、冷え性のなかでも、手足の冷えと胃もたれの症状があれば、人参湯という漢方が効果的です。

体力が無く、冷え性とともに貧血の症状がある場合は、十全大補湯。

冷えによるしもやけができやすく、お腹の痛みもある場合は、当帰四逆加呉茱萸生姜湯。

顔はのぼせるのに、下半身に冷えを感じる人には、桃核承気湯や桂枝茯苓丸がよいでしょう。

夜間の排尿回数が多い冷えで、疲れやすい人には、八味地黄丸がよいでしょう。

 

これ以外にも、細かい症状によって漢方薬には沢山の種類があります。

一般的に漢方薬は、専門知識を持った人が、患者の体質などを見極めて、一人ひとりの症状に合わせて処方するものです。

確かな効果と安全のためにも、勝手な判断で使わず、専門の医師と相談してから飲むことが大切です。

 

 

冷え性と肌荒れ

| 未分類 |

肌荒れの原因といえば、ストレスや紫外線、そして食生活などの生活習慣が原因と考えがちですが、実は冷え性も肌荒れと大きく関係があるんですよ。

冷えが原因で血行が悪くなると老廃物が上手く排出されなくなります。

これにより新陳代謝も悪くなり、吹き出物や肌荒れとしてあらわれます。

 

また、肌には多くの毛細血管が通っています。

その毛細血管が萎縮して十分な栄養や酸素などが回らないと、
肌のターンオーバーも上手く出来ず、肌の保湿成分であるセラミドの生成も滞ってしまいます。

確かに、目の下のクマは冷え性の人に出来やすいといいますから、肌の毛細血管は冷えの影響をうけやすいのかも
しれません。

 

これらを改善するには、リンパの流れをよくするマッサージや入浴剤の入った、ぬるめのお風呂にゆっくり入る。

というのは効果があります。

しかし、できれば対症療法だけではなく、体の中から冷え性を改善して、この先、冷えに悩まない体になりたいものです。

冷えは短期間では改善されませんが、食生活に気をつけて運動すること。

そして漢方薬は冷え性を得意分野としているので、かなり辛い人は漢方を試してみてもいいのではないかと思います。

 

 

冷え性と女性ホルモン

| 未分類 |

smile480

 

冷え性が女性に多いといわれる原因の一つに女性ホルモンの影響があります。

女性ホルモンは妊娠・出産・生理・ダイエット・ストレス・生活習慣などの影響を受けてバランスを
崩しやすい特徴があります。

そしてバランスが崩れたらどうなるかと言えば、自律神経のバランスをも崩れてしまい、体温調節が
上手く出来なくなるのです。

それが冷えにつながります。

 

女性ホルモンと自律神経 は同じ大脳の視床下部でコントロールされているので、相互関係があるのですね。

また、女性ホルモンの一つエストロゲンにはコレステロールを下げる作用があるので、分泌されている間は
血液はサラサラした状態なのですが、閉経後や更年期で女性ホルモンの分泌が減ってくると、悪玉コレステロールが
増えて血流は悪くなっていきます。

同じく女性ホルモンのエストロゲンは、肌に潤いや弾力を与えるコラーゲンの合成を促進する働きもあります。

しかし、閉経や更年期でこれが分泌されなくなると、コラーゲンの筋肉細胞をまとめて束にする役割も減少していくので
筋力も段々弱くなり、血液を送るポンプの役割も低下してしまうので、血流が弱くなっていくのです。

 

女性ホルモンのバランスの崩れは、冷え性だけでなく自律神経にも影響して色々な体の不具合が生じる原因となります。

無理なダイエットやストレスなど自分で気をつけることができる部分は出来るだけ自衛して、注意するようにしましょう。

 

 

冷え性と自律神経失調症

| 未分類 |

自律神経失調症と冷え性は、互いに相関関係があります。

つまり、自律神経失調症の一つの症状が冷え性であり、反対に、身体が冷えることで、体温を保とうとして
交感神経が優位に立ち、そのうちバランスがとれなくなって自律神経失調症になる。

ということもあるのです。

 

東洋医学では、身体の冷えをとることで、全身の様々な症状が改善されるといわれているほど、
体の冷えは色々な不調をきたすものです。

自分の体の不調は冷え性が原因で自律神経を乱して現れているものなのか?自律神経の一症状として冷え性が出ているのか?分からないかもしれませんが、どちらにしても大切なのは体を温めること。

食生活に気をつけて体を冷やしやすいものは食べないようにして、カイロやお風呂で十分に体を温める。

そして、一番重要なのは、ウォーキング、ヨガ、マッサージ、腹式呼吸、乾布摩擦、リラクゼーションなどで
自律神経を整えながら筋肉をつけて冷えやすい体の体質を改善することです。

 

また、自律神経失調症にはお灸が効果があると言われています。

お灸をすることで、体が温まりよく眠れ、平熱が35度から36.5度まで上がったという人もいます。

近くにそのような所があれば、訪ねてみるのもいいかもしれません。

まずは、身体を内側から温め、自律神経機能を整えることから始めましょう。

 

 

冷え性と肩こり

| 未分類 |

首のこりや肩こりの原因は、同じ姿勢での長時間労働や目の疲れ、ストレスによるものや冷えなど、様々です。

その中でも慢性的な肩こりは、筋肉の緊張による血行不良で起こることが多いとされています。

血行が悪くなると疲労物質が溜まりやすくなり、コリが起こります。

そこに体の冷えが加わると、筋肉を硬直させてしまうので肩こりはさらにひどくなります。

 

現代社会においては、体の冷えは冬場に限ったものではありません。

夏でも冷房の利いた部屋に長時間いることで、肩こりや腰痛がひどくなることが多いです。

デスクワーク中心のOLさんの多くには、このような症状があるのではないでしょうか?

これを改善するためには、まず体を冷やさないこと。

夏場でも一枚羽織ることから始めましょう。

それから仕事中でも肩を動かしたり腕を回したりと、適度に体を動かしましょう。

 

冷えたと感じたら、自宅に帰ってから足湯をするのも効果的です。

後は、体を温めてくれるサプリもいいかもしれません。

サプリを購入する時は自然由来のものを選ぶようにしましょうね。

また、適度な腹筋を維持することは基礎体温を正常に保つことにつながります。

簡単なヨガやストレッチで、筋肉をつけることは、冷えを改善するうえでとても大切です。

女性に多い冷え性と肩こりは深く繋がっているので、上手に体を守りながら体質を徐々に改善していくことが大切です。