冷え性と肌荒れ

| 未分類 |

肌荒れの原因といえば、ストレスや紫外線、そして食生活などの生活習慣が原因と考えがちですが、実は冷え性も肌荒れと大きく関係があるんですよ。

冷えが原因で血行が悪くなると老廃物が上手く排出されなくなります。

これにより新陳代謝も悪くなり、吹き出物や肌荒れとしてあらわれます。

 

また、肌には多くの毛細血管が通っています。

その毛細血管が萎縮して十分な栄養や酸素などが回らないと、
肌のターンオーバーも上手く出来ず、肌の保湿成分であるセラミドの生成も滞ってしまいます。

確かに、目の下のクマは冷え性の人に出来やすいといいますから、肌の毛細血管は冷えの影響をうけやすいのかも
しれません。

 

これらを改善するには、リンパの流れをよくするマッサージや入浴剤の入った、ぬるめのお風呂にゆっくり入る。

というのは効果があります。

しかし、できれば対症療法だけではなく、体の中から冷え性を改善して、この先、冷えに悩まない体になりたいものです。

冷えは短期間では改善されませんが、食生活に気をつけて運動すること。

そして漢方薬は冷え性を得意分野としているので、かなり辛い人は漢方を試してみてもいいのではないかと思います。