冷え性と自律神経失調症

| 未分類 |

自律神経失調症と冷え性は、互いに相関関係があります。

つまり、自律神経失調症の一つの症状が冷え性であり、反対に、身体が冷えることで、体温を保とうとして
交感神経が優位に立ち、そのうちバランスがとれなくなって自律神経失調症になる。

ということもあるのです。

 

東洋医学では、身体の冷えをとることで、全身の様々な症状が改善されるといわれているほど、
体の冷えは色々な不調をきたすものです。

自分の体の不調は冷え性が原因で自律神経を乱して現れているものなのか?自律神経の一症状として冷え性が出ているのか?分からないかもしれませんが、どちらにしても大切なのは体を温めること。

食生活に気をつけて体を冷やしやすいものは食べないようにして、カイロやお風呂で十分に体を温める。

そして、一番重要なのは、ウォーキング、ヨガ、マッサージ、腹式呼吸、乾布摩擦、リラクゼーションなどで
自律神経を整えながら筋肉をつけて冷えやすい体の体質を改善することです。

 

また、自律神経失調症にはお灸が効果があると言われています。

お灸をすることで、体が温まりよく眠れ、平熱が35度から36.5度まで上がったという人もいます。

近くにそのような所があれば、訪ねてみるのもいいかもしれません。

まずは、身体を内側から温め、自律神経機能を整えることから始めましょう。